代表的な生命保険比較

県民共済ってどんな保険?

 

県民共済は、手ごろな掛金で入院・死亡や火災まで、幅広く保障してもらえるのが一番の魅力です。県民共済は掛け金が低いだけに保証も手薄になるのでは、と心配になられる方も多いようですが、死亡保障や医療保障を上手に組み合わせれば結果としてはしっかりした保証をリーズナブルに受けられるようです。

 

たとえば、死亡保障で、病気死亡で400万、事故で1000万、それに医療保障として事故で入院した場合の日額5000円と、病気の場合の日額4500円などしっかり手厚くカバーしても、月額2000円程度で、そのうえ1年後は3割キャッシュバックしてもらえるというものも。

 

保険会社を1社のみにするのはリスクが高い気がしますが、県民共済はほかの保険と併用してもお得感が大きいですよね。職業を問わないこと、月々の支払いが少ないこと、素早く支払ってもらえるのもまた、県民共済の大きなメリットと言えるでしょう。保証額が少ないといわれるのも、いくつかを併用することでカバーできますね。

 

 

COOP共済の保険

 

COOP共済も手ごろな掛け金で入院や脂肪を保証してもらえるので、かなりおすすめの保険です。たとえばCOOPのたすけあい女性コースに加入した場合、病気・事故(ケガ)入院を1日目から保障してもらえますし、月2,000円コースなら、女性特定病気入院の場合は病気入院日額5,000円+女性特定病気入院日額3,000円を支払ってもらえますよ。

 

女性がかかりやすい88種類の病気では入院日額プラス日額3,000円(子宮筋腫、卵巣機能障害、白内障、甲状腺腫、帝王切開、乳房・子宮・胎盤・卵巣のがん、膀胱炎、慢性関節リウマチ、産じょくの合併症、緑内障、胆石症、股関節症 等)となっています。しかもなんと、包丁による切り傷ややけどなど、こんな小さいケガ通院もしっかりカバーしてくれるので安心ですよね。

 

子供の医療保険でも、月額1000円でしっかり保証してもらえます。保証が少ないといわれていますが、他に生命保険でも加入しておけば十分かも?

 

 

ライフネット生命

 

共済や県民共済と同じように掛け金が安くて、手軽に加入できる保険といえば、ライフネット生命もあげられるかとおもいます。ライフネット生命では、ネット上などで契約を行うため人件費などのコストを削減でき、その分割安に入れるのが魅力なのです。

 

しかも、ライフネット生命はシンプルな商品で、商品が選びやすいのもポイントです。保険会社の営業の方と数回打合せしてから決める、といったわずらわしさがありません。が、商品数が少ないこと、それに自分でネットで判断するため、保険の知識が必要になることがデメリットとしてあげられますね。